Just another WordPress site

税理士に依頼する

合同会社を設立し消費税の計算業務を税理士に依頼する際の相場価格

合同会社の設立は登記が済んでからも様々な手続きが必要になります。
とくに税務署への申告や申請は業務開始後もたびたびおこなう機会が多くなります。
税務に関する書類は数が多いうえに、専門的な知識がなければ理解する事さえ難しいものが数多くあります。
また、申請や申告を正確に行うためには数多くの計算作業を行う必要が生じます。
中でも業務上発生する消費税の計算などは非常に煩雑で膨大な作業量となり、しばしば事業経営を圧迫します。
そこで合同会社を設立することを計画している方におすすめしたいのが、税理士との顧問契約です。

税理士とは税務や会計のプロフェッショナルで、税務書類の作成や税務申告の代行、税務相談などを独占事業として行っています。
税理士は依頼者からの要望に応じ、青色申告などの税務書類の作成や記帳業務、税務書類の申告、決算書の作成、売り上げや経費などの会計業務、消費税の計算、税務調査への立会、コンサルタント業務など税務や会計にかかわる幅広い業務サービスを提供しています。
合同会社を設立する際に税理士と顧問契約を結んでおけば、顧問料や追加のサービス料を支払うことで、難解な税務書類の作成や膨大な作業量となる消費税の計算などを代行して行ってもらうことができます。

合同会社を設立し税理士と顧問契約を結び、税務書類の作成や消費税の計算業務などを依頼する際の料金価格はインターネットなどでも公開されています。
顧問契約料は年商などにより料金が変化します。
公開されている料金の平均的な相場価格では、年商5000万円以下では30000円、年商1億円以下では35000円、年商5億円以下では45000円、年商5億円以上では50000円程度が相場となっています。
顧問契約を税理士と結んでおけば、消費税の計算なども会計業務の中で行ってくれます。
円滑な事業運営を考えるなら平均相場価格などを参考にして、税理士と顧問契約を結んでおくようにしましょう。

合同会社を設立するときには税理士と顧問契約を結んでおくことが大切です。
税理士は税務や会計のスペシャリストとして円滑な事業運営の心強い味方となってくれます。
税理士と顧問契約を結ぶメリットは税務手続きの代行や会計業務の代行による経費の削減のみに収まるものではありません。
税理士と顧問契約を結ぶことによる最大のメリットは社会的信用が得られるという点です。
税理士と契約を結んでいることは、適切な会計処理を行っていることのあかしであり、銀行などが融資を行う際にも非常に重視している点となっています。
合同会社の設立を検討している方は一度、税理士に相談してはいかがでしょうか。