Just another WordPress site

税理士事務所へ相談

合同会社を設立する際には税理士事務所へ相談

合同会社を設立するときには、税関係で戸惑わないように、税理士事務所に相談しておきましょう。設立するときにも代行して手続きに必要な書類などを作成してくれますし、自分で行うよりも経費を安く済ませることも出来るのです。
税理士に相談や依頼をすることによって、節税することも可能ですし、様々なリスクを回避することが出来るでしょう。忙しくて時間がなく、帳簿をしっかりと記帳していなかったり、後回しにしていたりして届け出を出さないと罰則がありますし、違法ですから、忙しいを言い訳にすることは出来ません。経営者としても義務は果たすべきなのです。

合同会社を設立する場合は、ほとんどが少人数から始めるというパターンでしょう。合同会社は株式会社とは異なり、少人数での経営に向いている形態と言っても良いかもしれません。
経理や会計を専属とする人員がいれば何も問題はありませんが、少人数の経営ですので、経営者がその役目を担うことが多い傾向にあります。会社を設立したばかりの頃は忙しいですし、本業に集中するためにも税理士に経理を任せたほうが良いかもしれません。
顧問契約を依頼することによって毎月の事務作業もだいぶ楽になるので、まずは相談してみたほうが良いでしょう。

合同会社を設立したばかりの頃は、税務署からの監査がすぐに入ることはないかもしれません。しかし、年数が経つにつれて監査が入られやすくなるという傾向が強いので、帳簿はしっかりと付けておく必要があります。
領収書なども基本的には7年間は保管しておく義務がありますので、万が一の事が合ってもいいように、しっかりと保管しておきましょう。
万が一、申告が漏れていたとしたら、追徴課税されるので注意しなければなりません。そういった事態にならないためにも、経理に関しては専門の税理士に業務を依頼したほうが安心かもしれません。

合同会社を設立するのは難しい事ではありません。
経営を継続させる方が実際は難しいですし、現実的に経理などをしっかりと行うまで手が回らないことも多いのです。
ですから、最初の会社の立ち上げの段階で税理士に代行を依頼しておいた方が、経営がうまくいくケースが多いのです。顧問税理士として依頼する場合にはどれくらいの費用が掛かるのかなどを事前に相談しておいた方が良いでしょう。
経費を渋って、帳簿代行なども行っていないと、結果的にはとても面倒なことになってしまいますから、自分で行う自身のない方は代行相談しておいた方が良いでしょう。